山登り/ハイキング

2012年10月30日 (火)

東北登山 その3

朝、6時に盛岡を出発し山形蔵王に向かいます。

東北登山も三日目に突入。最終日も百名山の一つ、

蔵王連峰刈田岳(標高 1,758m)・熊野岳(標高 1,841m)に登ります。

ほとんど登山というか、平行移動で、とても楽ちん。

10:30 蔵王刈田岳山頂駐車場に到着、すぐに登山開始


Img_1558

Img_1560

Img_1561

Img_1563

11:40 この山小屋で早めのランチ

Img_1565

Img_1567

登山後、遠刈田温泉の神の湯で汗を流す

Img_1572

下界の蔵王や遠刈田温泉はsunピーカンだったのですが、

山頂はmist濃霧とtyphoon風で視界が悪く、よい写真が撮れていませんでした。coldsweats01

お疲れさま。

2012年10月29日 (月)

東北登山 その2

二日目は二百名山の一つ、秋田駒ヶ岳(標高1,637m)に挑みました

宿泊先を出発して9時前にアルパこまくさに到着

ここでバスに乗り換え9時27分発、駒ヶ岳八合目行きに乗ります

この時期、土日曜日はマイカー規制のため八合目には車で行けません

Img_1433

Img_1437

10:00 この山の山頂を目指して登ります

Img_1439

Img_1443

紅葉が始まっています。まだ4割程度ですね

Img_1449

Img_1450

Img_1451

Img_1455

Img_1456_2

Img_1471

11:20 阿弥陀池が見えてきました

Img_1475

Img_1476

Img_1478

阿弥陀池を経由して女目岳(男女岳)に登ります

Img_1487

11:50 男女岳に着きました

Img_1488

山頂から見た阿弥陀池

Img_1493

ここで昼食

Img_1494

寄りに寄って、皆何を考え、何を見ているのかなあ

Img_1495

昼食を終え阿弥陀池まで戻ります

Img_1498

女目岳(男女岳)
Img_1507

女岳を右手に見ながら進みます

Img_1513

ムーミン谷

Img_1515

Img_1524

Img_1525

 12:57 横岳に到着

Img_1527

Img_1529

Img_1530

13:07 焼森山頂

Img_1532

Img_1535

シャクナゲコースから駒ヶ岳八合目へ

Img_1536

13:40 駒ヶ岳八合目

Img_1539

Img_1540

疲れを癒しに乳頭温泉郷の黒湯へ

Img_1542

Img_1547

お決まりの、これでしょうや

Img_1553

お疲れさまでした。

さあ、明日は最終日、どこに登るって、天気に聞いてくれ。

2012年10月16日 (火)

東北登山 その1

先日、紅葉を見に東北へ登山に出かけてきました。

群馬地方を午前2時に出発、途中休憩や朝食をとり、10時に早池峰山麓に到着

台風接近中ではありますが、一日目は百名山の一つ早池峰山(標高 1,917m)に挑みました

河原坊コースを登り、小田越コースを下山します

suncloudの天気で上々でしょう。

Img_1360

山麓から早池峰山はあいにく雲がかかり望めませんが、その分期待も大きいかな

Img_1361

登山道入り口の案内板

Img_1367

登り始めからこんな岩山です。濡れるとツルツル滑る、特徴のある石です

Img_1371

Img_1373_2

Img_1381

Img_1382

御座走りに到着(休憩)、ここから山頂の眺めで所々紅葉が始まっています

Img_1391

Img_1395

打石を通過

Img_1402

Img_1400

さあ、最後の難関の一枚岩、鎖とロープが垂れています

Img_1403


 Img_1404

山頂に到着(遅めの昼食)

Img_1406

Img_1408

下山開始

Img_1410

昼食をとった場所の山小屋が微かに見えます

雲の中で小雨が降ったり、急に晴れたりしています

Img_1412

Img_1415

Img_1416

Img_1418

Img_1421

Img_1422

Img_1424

無事小田越登山口に下山できました

Img_1426

お疲れさまでした。紅葉は2〜3割でしたが楽しめました。

今回咲いていた植物

Img_1369

Img_1383

Img_1385

Img_1387

Img_1390  

Img_1414

明日は秋田駒ヶ岳に登る予定です

2012年9月23日 (日)

峰の松目/硫黄岳登山

8月末に長野の「峰の松目」と「硫黄岳」登山に出かけてきました。

8:00 出発

Img_0765

Img_0764

8:40 夏沢鉱泉に到着

Img_0772

Img_0775

Img_0777

9:35 オーレン小屋に到着

Img_0782

Img_0786

Img_0788

分岐点、峰の松目に向かいます

Img_0791

ジョウゴゴケ

Img_0794

Img_0795

根っこだらけの登山道。足下に注意して

Img_0798

Img_0799

トウヤクリンドウ(蕾)が咲いています

Img_0801

10:50 峰の松目 山頂に到着 樹林の中で展望できません

Img_0804

しゃくなげとトンボ

Img_0805

峰の松目山頂から硫黄岳へのルートへ戻ります

結構、急な登山道です

Img_0809

Img_0812

硫黄岳は直進

Img_0813

Img_0814

Img_0815

硫黄岳が見えてきました

Img_0817

硫黄岳、その手前に赤岩の頭

Img_0821

Img_0822

Img_0824

Img_0825

Img_0827

硫黄岳 さあ登るぞ

Img_0828

硫黄岳途中から赤岩の頭方面

Img_0829

硫黄岳は目の前、もうすぐです

Img_0832

途中、トウヤクリンドウが咲いています

Img_0837

Img_0841

12:15 硫黄岳山頂

Img_0843

Img_0844

Img_0842

Img_0854

Img_0855

イワツメグサ

Img_0850

13:00 下山開始、夏沢峠を経由してオーレン小屋へ

Img_0860

Img_0862

Img_0861

やまびこ荘、ヒュッテ夏沢が見えます

Img_0873

夏沢峠

Img_0874

13:55 やまびこ荘

Img_0877


Img_0878

トリカブト

Img_0881

Img_0880

やまびこ荘、ヒュッテ夏沢を後にしてオーレン小屋へ

Img_0883

14:25 今朝、休憩したオーレン小屋に到着

Img_0885

大量の薪

Img_0893

Img_0894

14:40 薪を横目に下山

Img_0895

ミヤマゼンコ

Img_0902

ヤナギタンポポ

Img_0904

ハリブキ

Img_0907

ハリブキの葉

Img_0908

センジュガンピ

Img_0916

Img_0910

Img_0778

Img_0912

15:55 桜平に到着

Img_0917

Img_0918

温泉入浴を終えて、自宅に帰る途中、虹を発見

Img_0919

Img_0920

Img_0922

Img_0923

素晴しい天気、虹も見えて、楽しい日でした。

次はどこの山に登るかな?

2012年8月27日 (月)

アサマ スタークロス ウォーク 2012

今年はアサマ スタークロス ウォーク 2012に参加したじょー
Img_0412

それも私の兄、「せにー」も一緒だよ
Kakoatiizustkzvkutpp

嬬恋方面からの参加者はつつじの湯spaから、集合場所である小諸の
小諸市大手門公園へbusで移動
Kakolgzumz6woul6osly

小諸市観光案内所で受付を済ませ、大手門公園へ
Kakooomunqzqsui6bzfd

Img_0419

公園では主催者側から招待された、「松本アルプホルンクラブ」
Kakobinvsv3kdhn78tt0

「大浅間火煙太鼓」の演奏が行われていた
Kako7dm7nfwqhlneihj4

午後7時10分 31km スタートです
Kakoqrq46gtnh6skjecf


Img_0429

Img_0430

スタートから7km地点。今年は1kmごとにサインあり
Img_0431

暗闇の中の給水所で休憩。
Img_0433

Kakobnocv3pv9n7lnali

Kakoherb04hyciwv2ppk

午後11時20分、チェックポイン アサマ2000パークに到着
Kakoq6ylrkrjqz4dcxk2

Kakozwrlirtipulwm9hg

チェックポイントから嬬恋村へ。深夜のキャベツ畑
Img_0441

午後2時38分 ゴールに到着。 嬬恋村つつじの湯spa
Img_0443

Kakoea57rtysplj5l9cb

到着後、完歩賞を受け取り帰りました。

このあとはspabeersleepy

大会の皆様、ありがとうございましたpaper

 

2012年8月22日 (水)

2012 北の大地の旅 その8 登山編 樽前山

天気はsunで、すごく気持ちがいいです。

今日は支笏湖の南、千歳市と苫小牧市にまたがる樽前山fuji(1,041m)登山に一人で出かけました。

この山は活火山で1981年に小噴火impactがあり、今でも白い噴煙をあ上げています。

9:50 登山口(標高660m)、登山届を記入して出発。  

Img_1503

この山の山頂を目指します。  

Img_1506

中腹からの登山道と支笏湖、風不死岳。

Img_1512

Img_1510

10:25 樽前山には東山と西山があり最初に東山へ登ります。

Img_1517

Img_1523

10:35 東山山頂(1,022m)に着きました。  

Img_1525

東山山頂からの溶岩ドーム。

Img_1528

Img_1532

東山から見た溶岩ドームと西山山頂。

Img_1533

これから西山へ登るために、先ほどの中間ポイントまで戻ります。

西山へ行く途中に樽前山神社奥宮がありました。

Img_1545

西山山頂を目指します。

Img_1559

Img_1567

Img_1571

西山山頂(994m)に到着から見る溶岩ドーム。

Img_1573

白煙を上げる溶岩ドーム。

Img_1584

Img_1583

ちょっと見づらいですが、タルマエソウです。

Img_1513

こちらは、イワギキョウが咲いています。

Img_1593

西山を後に下山します。

Img_1601

12:45 登山口へ戻る。

Img_1605

半日でしたが奇麗な景色が見られたし、楽しかったです。

次回は長野県八ヶ岳に登る予定です。

2012年5月21日 (月)

新潟 権現堂山

花の山旅と題して新潟の権現堂山に行ってきました〜あ
天気もsun、初夏を思わせるくらいすごーく良かったですsweat01

登山道入り口に案内図。今日は戸隠神社から下権現堂山へ

さらに上権現堂山を往復する予定です

Img_4940_2

最初に戸隠神社

Img_4939

Img_4945

Img_4948

さあ8時半、下権現堂山を目指して登ります

Img_4961

Img_4966

八海山が

Img_4967

越後駒ヶ岳が

Img_4968

残雪が

Img_4972

出発から1時間半、弥三郎清水に到着

美味しいお水ですscissors

Img_4977

Img_4978

さあ、あと一息 頑張ろう!

大岩展望台ももうすぐダぁ

Img_5001

かなり山頂に近づいた

Img_4982

Img_4983

10時半過ぎに下権現堂山に登頂したよ

Img_4990

八海山、越後駒ヶ岳の反対側に

粟ヶ岳、守門岳、浅草岳などが見え、絶好のビューポイントcamera

Img_4987

朝、早く出発してきたので早めの昼食をとり、

11時20分に下山開始。

Img_4995

Img_4996

下山途中から見た下権現堂山

Img_4999

午後1時20分、無事下山しました。

Img_4952

で、どこが花旅? これから咲いていた綺麗なお花を紹介します

チャルメラソウ

Img_4943

カタクリ

Img_4944

Img_5030

ショウジョウバカマ(ちょっとピンぼけ)

Img_4947

イカリソウ

Img_5027

Img_5026

Img_4955

イワカガミ

Img_4957

Img_4958

東国ミツバツツジ

Img_5007

Img_5009

タムシバ

Img_4971

Img_5012

イワウチワ

Img_4976

Img_4980

イワナシ

Img_5016

キジムシロ

Img_5028

Img_5029

ヤマツツジ

Img_5013

ユズリハ

Img_5005

アズキナシ

Img_5019

ガマズミ

Img_5015

ご覧くださり、ありがとうございます

次はどこの山に登ろうかな

 

2012年3月 8日 (木)

東篭の塔山

近くの山ですが大勢の方と久しぶりに雪山へ出かけてきました

天候にも恵まれ、とても気持ちの良い日です

Img_0469

Img_0424

途中、きつねと思われるfootを発見eye
Img_0425

さらにウサギのfoot(左側)をきつねが追いかけています

Img_0434

天然カラマツ(特別母樹林)

Img_0427

Img_0429

これから東篭の塔山に入りますcoldsweats01

Img_0430

目指すはこの山だよdash

Img_0432

遠く彼方に富士山も、八ヶ岳も、北アルプスも

Img_0437

Img_0438

Img_0439

浅間山の出現

Img_0444

山頂から浅間山、手前は黒斑山。こちらが東方面

Img_0450

四阿山です。こちらは北方面

Img_0451

山頂で一息してから下山

Img_0463

途中の樹林を下る

Img_0466

最後、skisnowboard を練習しているゲレンデ脇をスノーシューでおりる

Img_0470

Img_0472

最後、お疲れ様でした。

次はどこの山にチャレンジするか sign02

 

2011年11月12日 (土)

信濃路自然散策

2011年11月5日 土曜日
きょうは、とっても久しぶりに、インタープリター会ハイキングに参加 run

軽井沢(信濃路自然歩道)
峰の茶屋~白糸の滝~竜返しの滝~小瀬温泉~小瀬林道~軽井沢野鳥の森~三笠
Img_5800

集合は8:30  おはようございます〜sun
Kakoxbugonq1vaetm0vh
一緒に行く気、満々のふたりdogdog・・・ごめんね、きょうはママだけなのよ〜coldsweats01

さて、出発前のごあいさつ
Kakojjjzzdk8dhr08zan

Img_5816

Img_5818

つるりんどうの赤い実
Img_5820

Img_5823

「白樺の皮は脂分が多くて良く燃えるので、昔、屯田兵が
 火付けに使ったんですよ」
Kakohbr6gcxvmex573d2

Img_5828
すでに楢やクヌギの葉が落ちていて、ここは茶色の絨毯
枯れ葉の音と香りはリラクゼーション効果が抜群だって good
Img_5827

まゆみの実
Img_5831

白樺の群生
Img_5833

ここは浅間の噴火で落ちて来た軽石の厚い層になっているそうな。
Img_5836

くじゃくシダ (T氏がおしえてくださった)
リーダーも凄いけど、メンバーのみなさんもすんごいんでっす
Img_5859

みずきの大木
Img_5840

カラマツもほとんど葉を落として、足下は金色の絨毯
Img_5843

これはコシアブラ・・・ そう、春先に新芽が美味しいアレ!
Img_5844

Img_5845

きれいな蒼い肌のアオハダの幹
Img_5851

Img_5852

Img_5855

えっと・・・これは〜  筆記具を持って行かなかったのは大失敗!
Img_5856

Img_5857
Img_5858

はるかに見えるのは浅間隠山
山の形をみて、名前がわかる・・・山座同定っていうんだじょ〜coldsweats01
Img_5865

わお、落とし物発見 sign03 だれだれ〜sign02
なんだかまだ新しくて、ついさっきまでここに居たみたい heart02
Img_5861

はるか下の方に白糸の滝
Img_5864

山繭  もう羽化したあとの抜け殻だけどきれいな色 heart01
Img_5867

葉が落ちた後は、宿り木が目立ちます
Img_5868

最初の休憩は白糸の滝にて
Img_5874

普通の湧き水は6℃位、でもこの水は10℃以上あるそうな
Img_5878

流れのわきにはセリの群落
Img_5879

次の目的地は竜返しの滝、ここから上り坂sweat01
Img_5880

落とし物その2、発見〜〜〜heart04
中型犬くらいの大きさの子かなあ・・・
カラマツの葉が混ざってる、果物の皮みたいな赤いものもみえるよ
Img_5881

ハルニレの大木
こんなに大きくても、この辺りは浅間の噴火で焼け野原になっていて
今ある木の樹齢は1000年を超えていないのだそう

そして、ハルニレの新芽は柔らかい綿毛で覆われていて、それを小鳥が巣作りに使うんだそうです、

先日見つけた巣の柔らかくてあたたかなひなのお布団もハルニレかしらん

Img_5882

わ〜〜〜、またまた落とし物sign03
これといった内容物はわからない・・・見ただけだからcoldsweats01
さっきのと、同じ位の体格の子みたい、だれだれ〜 heart02

写真の上の方、自分で踏んじゃって足型がついている heart04
Img_5884

さるの腰掛け?
Img_5885

せせらぎ沿いに出ました

Img_5887

Img_5890

Img_5892

うわ〜、またまたsign03

毎回camera撮るので、笑われてしまった・・・

だって動物生態学をやりたかった私だもの、血が騒ぐのです〜 happy01

Img_5893

カラマツの絨毯の道を進みます

Img_5897

こちらはイノシシさんのお食事の跡、ミミズが大好物です

Img_5896

朴の木の葉っぱ  

飛騨地方では朴葉味噌が名物だよ、飛騨牛を焼いて・・・うまうま〜heart04

Img_5911  

みなさん、「五味子」の実を試食中

「5つの味がわかりましたか?」って、・・・ほんとに5つ??

Kakoaymytjlks1boshua

背丈をはるかに超える竹薮を抜けて・・・ foot foot foot foot foot

Img_5905

Img_5906

ヤマブドウの房、あちらこちらに落ちています

Img_5907

Img_5908

これって、もしかすると「くま棚」 sign03

熊棚って、熊さんが周りの枝をたぐり寄せて実を食べた後で

枝を敷き込むのでこういう棚のようなふとんになっています。

そのまま昼寝してしまう熊さんもいるんだそうな heart02

熊さんは落ちた実は食べず、枝になっている実を食べるそうです。

以前に照月湖の方の探索に行った時に、木の幹に大きな太い爪痕を見ました。

Img_5913

先日、射殺された熊、お腹の中は空っぽだったと・・・

熊さんのエリアに踏み込んでいるのは人間のほうだよ、ごめんね

 

まむし草の実

Kakoc6kbjk1ozuc7ihgi

竜返しの滝

Img_5920

Img_5926

Img_5923

さてさて、お昼ごはん〜

ベテランは違うねえ、暖かいものが嬉しい季節になりました

冬はすぐそこ・・・

Img_5924

顔みたいなコブタン

Img_5928

まあぁsign01、芸術ねえ lovely

Kakon7cz7sdmd18ov4e5

小瀬まで降りて来ました、もう一息だね scissors

Img_5931

道路に出ると、熊よけのゴミ箱、厳重に施錠してること!

電気が通してあって、熊よけスプレーが置いてある

Img_5933

Img_5932

熊さんたち〜、山の暮らしもたいへんだろうけど、人間に

近づいちゃだめだよ! 絶対にねsign03

Img_5935

Img_5936

Img_5941

山ぐり  だれが食べたのかなあ・・・ heart04

Img_5939

ピンぼけで、すんまへん  紫式部の鮮やかな実

Img_5942

それぞれに違う形・・・

Img_5949

 

Img_5950

Img_5951

Img_5953

Img_5952

もみじの絨毯

Img_5948

Kakopy8wzkmdevt8rppl

Img_5960

これは朴の実 ・・・ 「ほ〜〜、そーなのね!」happy02

なかに赤い実が詰まってる

Img_5967

Img_5968

Img_5972

Img_5973

Img_5975

Img_5964

トチの実・・・の殻

Img_5970

うおぉ〜、とどめに、またまた、山の住人の作品 sign03

だれだれ〜〜 sign02

Img_5969

楽しい遊歩道だけど、山の動物達の暮らしがここにあるっていうことよsign03

邪魔しないように、困らせないように・・・ heart01

Img_5974

お疲れさま〜foot  約10kmの道のりでした

ここ三笠から、バスbusで峰の茶屋へ戻ります

Img_5983

たくさんの森の仲間に会えました heart01

楽しくて嬉しくて、わくわくの一日でした scissors

久しぶりでしたが、無事に完歩できたし、みなさんにスローライフの

楽しさをたっぷり伺って、ますます移住したくなった私です

ガイドをしてくださったSさま、ご一緒してくださったみなさま、

ありがとうございましたheart01

 

wobbly な、なんとsign01 峰の茶屋へ戻ってみると・・・

お迎えに来ていた、dogみるきぃが ブンむくれ annoypunch

「お休みなのに、なんでママだけおでかけだったの〜 pout 」

パパっこのみるきぃは平気だろうと思っていたのに、

むくれたみるきぃのなが〜い抗議の叫びを浴びつつ、ちょっぴりうれしくもあった私・・・

ごめんね〜〜〜、みるたんheart01 今度は一緒にお出かけしようねheart02

 

2011年9月22日 (木)

浅間山(前掛山)

9月にはいり、念願の浅間山(前掛山)へ登山してきました。
この日も天候がよくsun fuji やったー Zっと。

Img_8098

Img_8097

Img_8100

Img_8106

途中、トーミの頭、黒斑山を左前方に眺めながら火山館へ。

Img_8108

Img_8107

Img_8109

登山者が山頂を目指して休憩。さていくじょー
Jバンドとの分岐点
Img_8209_2

右に浅間山、後ろに黒斑山、左に仙人岳、蛇骨岳。
今、どこ、ここは賽の河原
Img_8121

Img_8120

Img_8118

だんだん、浅間が近くなるぞー
Img_8125

Img_8130

浅間山の中腹から黒斑山方面の景色
Img_8129

まもなく、まもなくシェルター
Img_8149

この先20分で浅間山(前掛山)です。
Img_8150

これは100トン岩と呼ばれている。1000トン岩もあるんだって。
Img_8153

眼下にはシェルターが見えます。

Img_8157

もうすぐ浅間山(前掛山)に到着。

Img_8164

Img_8167

Img_8170

Img_8171

登頂の記念にねfoot
Img_8172

浅間山(釜山) 煙が出ている! 見えますか?
Img_8161

釜山山頂には観測用の太陽パネルが
Img_8180

そろそろ下山、友人は記念にもう一枚。
Img_8175

下山開始
Img_8166

Img_8186

シェルターってわかる?
Img_8196

Img_8197

Img_8199

賽の河原までGo Gorun
Img_8200

Img_8204

右はJバンド、仙人岳、蛇骨岳。下山は火山館へ直進。
Img_8208_2

右は草すべり、トーミの頭。火山館へは直進です。

Img_8213

途中のお花
Img_8216

Img_8231

牙山
Img_8224

Img_8234

不動滝へ経て天狗温泉へ。
Img_8235

Img_8239

無事、下山。お疲れさまでした。