« 第2回 草津温泉熱湯マラソン | トップページ | 秋色に包まれて »

2012年9月30日 (日)

秋刀魚

秋ですねえ・・・ maple
お山地方では、紅葉一番乗りのツタウルシが真っ赤に染まりました heart04
ヤマブドウも濃赤〜オレンジに紅葉してとても奇麗です heart02

とは言え、秋分の日の今週は、雨が降って寒い週末でした
気温一桁、薪ストーブの初焚き heart02 になりました
Img_1343
ほっかり〜〜〜 happy01

秋といえば、秋刀魚 good

「秋刀魚、苦いか塩っぱいか」
昭和の耽美主義作家、佐藤春夫の『秋刀魚の歌』のくだりですね
さんま、さんま、苦いか塩っぱいか、
そが上に熱き涙をしたたらせて さんまを食ふは いづこの里のならひぞや・・・

もちろん炭を熾して焼きます
Img_1338

Img_1345

Img_1346

秋刀魚から落ちる油で勢い良く炎が上がるので、
これを水鉄砲でシュッーと消すのが、美味しく焼くコツ
気仙沼の漁師さんに教わったんだ〜 flair
なのに、今年は水鉄砲を用意するのをうっかり忘れ・・・
Img_1348

はぁ、こんなになっちゃった〜 happy02
Img_1349

「ぼうぼう焼くのは馬鹿ったれ」って、
1974年の桃屋の焼き肉のたれのCMでしたflair
「ほんに~憎い~よ」と都々逸を口ずさむ芸者、人の気配に障子を開け、「あなたはたれ?と」尋ねると、桃屋焼肉のたれの瓶が投げ込まれます
「あら、たれかと思えば桃屋のたれ」この後のセリフが「お肉にたれをからませて、ケチケチ焼くのはしみったれ、ボーボー焼くのはバカったれ、ほどよく焼ける桃屋のたれ」お銚子片手に肉を焼くのり平芸者が「たれが憎くて妬くんじゃないが、たれが焼かせる憎いたれ」と最後に歌うCMでした coldsweats01

まあ取り敢えず、かんぱ〜い heart02
Img_1351

我が家では今年の初物のさんまです
Img_1353

初物を食べると75日寿命が延びるって sign03
(齧りかけの蘊蓄 coldsweats01 )
昔から、初物(はつもの)は縁起がよく、食べると寿命が75日延びると言われてきました
寿命が延びる日数が75日というのには諸説あるそうですが、五行思想基いた季節の区切りの考え方や、種をまき、発芽して収穫までの日数がおよそ75日であることなどがあげられます
・・・というのは、まじめな解説ですが、
こんな諺のルーツ、いかにも江戸時代らしい話が言い伝えられています
時代劇などにもよく出てくる「伝馬町」という町、
ここはいまでいう犯罪人の留置所で、極刑を待つ極悪人も多数留め置かれておりました
いよいよ死刑執行となると、「最後に何が食べたい?申してみよ」と暖かい言葉をかけるのです
で、初物が食いてぇ、鰹が食いてぇ、と死刑囚が申したとすると、
鰹の季節ならともかくも、いますぐ手に入るものではなく、その季節が来るのを待つしかない
そこで、初物が出回るまで、待つことを認めたというのです
その「待つ時間」をなぜか、75日とし、死刑囚は75日生き延びたとのことです

な〜るflair
なので、初物は必ずみるたんとれあるっちにお裾分け〜
う〜んと長生きしてよ sign03
Img_1356

Img_1357

Img_1355

そして、中骨は弱火でこんがり焼きます
これがなかなか GOOD heart02
以前に仙台の炉端焼きのお店で教えてもらいました・・・
さすがに秋刀魚が沢山捕れる本場だねsign03
Img_1358

はぁ、おいしかった!
これからしばらくは脂ののったおいしい秋刀魚の季節だねheart02

« 第2回 草津温泉熱湯マラソン | トップページ | 秋色に包まれて »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

なるほど、水鉄砲ね(メモメモ~)
100均で買ってこなくっちゃ!(^^)!
ちょっとコゲコゲだけれど、炭火で焼くと美味しいんだよね。
ビール付だとなおさらだわ。

今年のお山はどう?やっぱり例年より暑いですかsun

アレパパさま〜
そうなの! 100均に売ってるのでいいんだす
なににつけても、ビールがなくっちゃね!

てへ・・・今週は健康診断だわ ?平常心と平常の暮らしをチェックしなくちゃ意味がない!?

えっと、今は台風の余波でまだ20℃あります
でも紅葉も始まり、お山は秋のお支度だね
来週は秋晴れでお願いしたい!!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561798/55776330

この記事へのトラックバック一覧です: 秋刀魚:

« 第2回 草津温泉熱湯マラソン | トップページ | 秋色に包まれて »