« 2012北の大地の旅 その17 小樽 | トップページ | 2012 北の大地の旅 その19 大沼&SL »

2012年9月16日 (日)

2012 北の大地の旅 その18  ありがとう 美笛

ついに10日間過ごした美笛キャンプ場に別れを告げる日がきました
Img_8430 Img_1974 朝5時、まだみる&れあ&せぬーは寝ています
Img_8443
早朝の静寂に包まれている支笏湖を前に、10日目のモーニングコーヒーを味わいました
Img_1977

そうそう、写真を取り忘れていました
すぐそこに、こんなすてきなオブジェがあるんです
Img_8438 洞爺丸台風で甚大な被害が出て多くの森がなぎ倒され、
支笏湖には根っこもろとも沈んだ大木がたくさんあります。
私達のテントの目の前のお気に入りの流木も、そんな木なのでしょう
Img_8435 なぜかタコ足のような根っこで砂に踏ん張って、まるで何かの生き物のように、
そして新しい緑を宿して、岸辺に立っています

やや・・・みんなが起きてきました
Kakohenexzm13ui9fi5l
Img_1970

Kakooj1i7f5svs1yyptd

よく遊びましたね〜
Img_1978 いっぱい、いっぱい、楽しかったね〜
Kakombec3tzmiukjfd3t Img_1988
Img_1984
Img_1987
きのう小樽の帰りに買っておいたサンドイッチで簡単に朝食を済ませ、
撤収にかかりましょう
Kakoqlsjinushcwbocs7
Kakougpneoxsao5lpveh
Img_8451 Img_8446
ぼく、帰りたくないなぁ・・・
Img_8453 あたしも手伝おうか sign01
Kakoahudwnrxroqotvlw ふぁ〜 ぼく、眠たくなっちゃった coldsweats01
Img_8454
ええ~sign02 突然のドシャブリ happy02 typhoon
「帰っちゃ、だめ~」って言ってるんでしょうか
Img_1994
まあ、鳥の糞などで汚れたテントやタープがきれいに洗われていいけど・・・
ぐしょぐしょで、どうやってたたむの~ coldsweats02

取り敢えず、濡れずに作業できるテントの中の撤収を始めます
濡れないように、みる&れあもテントに入れたので、
片付けてるのやら、お邪魔ムシに遊ばれてるのやら・・・sweat01
気温23℃・・・あっついぃ~ sweat01

でも、雨はしばらくしたら止んでくれました
片付けるぞ〜 sign03

隣にテントを建てた家族のトイプーちゃん、4ヶ月だってheart02
Img_8462 Img_8465 どんどん撤収 dash なんにもなくなっちゃったよ eye
Img_8468 Img_8466 Img_8445_2

車には荷物が満載ですが、食料がないので来たときよりは余裕です
Img_8463
キャンプ場のスタッフさんとも、すっかり仲良しになりました
とてもよくしていただいて、お陰様で楽しい10日間でした heart02

エゾシカのヘルメットをお借りして記念撮影 scissors
Kakon4xet7u868pyt74q
Kakopploafkrf9f0agw2 Kakokkswdtcerlqydje3 Kakoc5oeplkonakzovup
ありがとう、美笛の森 heart01
ありがとう、支笏湖 heart04 heart02

きっとまた来ます scissors

美笛キャンプ場を後にして、何度か通った国道Rt.276へ出ます
Img_8489 Img_8486
Img_8491 Img_8490
なじみ深くなった名前が・・・
→美笛トンネル
→支笏トンネル
→美笛橋
→冬笛橋
→秋笛橋
→春笛橋
→滝笛
→滝笛トンネル
→美笛峠
→小笛橋
→中笛橋
→大笛橋 ・・・・・なんてきれいな名前でしょう

Img_8493
白老岳を眺めながら三階滝を右折すると、あと35kmで洞爺湖です
左にはホロホロ山

ドライブのお共は、ハスカップ/キャラメル
甘酸っぱくておいしいです
Img_8495
北湯沢温泉を通り、蟠渓温泉、洞別温泉を通って洞爺湖に出ます
Img_8501
里にはさくらんぼ農家がならんでいて、まだ出荷時期のようです
くずの花が咲いていて甘い香りが漂います
ひまわり畑がありました
人里へ下りてきたんですね
Img_8506
洞爺湖のほとり、洞爺湖観光ホテルで温泉に入りました
Img_8516
薄茶色の濁り湯でした
切り傷に効くそうなので、キャンプ中に切った足の指腹の傷に効くかしらん
露天風呂から洞爺湖が見渡せます
Img_8519
洞爺湖は大きいですね~
支笏湖と比べるとけっこう俗化していますが、今日は水曜日・・・
それほど人出もなく、静かです
Img_8522 Img_8533 湯上がりに、北海道限定の「ガラナ」 scissors
Img_8534
洞爺湖から左折して国道Rt.230を少し走ると、もう目の前に、海!
Img_8536
ここからは噴火湾沿いにひたすら走ります
Img_8537 お嬢さぁんsign01 ・・・居眠りこっくり中 note
Img_8545
途中、豊浦町の礼文華トンネルで、この度に出てからの「2000km」
よく走ったもんだ・・・まだまだ走るぞ~ dash
Img_8543
長万部町に来たら、雨がパラパラ・・・
キャンプ中はずっと天気に恵まれましたが、今日はちょっと雲行きが怪しいです
Img_8546
オービス発見 sign03
ええ sign02 オービス手前で反対車線に出る車・・・sign03
反対方向はオービスに写らないの sign02
北海道民はスピードもガンガン出すし、すんごい走り方するんだなあ eye
Img_8558 長万部漁港・・・
ここからは国道Rt.5が函館まで通じています
カニの大きな看板が、あっちにもこっちにも eye
Img_8565
八雲
せぬーが美味しいわんこOKのピザ屋さんを調べてくれてあったのですが、
予定時間オーバーなので、泣く泣く通過〜
Img_8571
正面に駒ヶ岳が見えてきました
Img_8577
Rt.5と平行している線路に貨物列車が来ました
ながいなぁ~
Kakojr43vzfz8kegfsoq
森駅を通過
・・・明日、SLに乗りにここに来るんだわ~
Img_8580 北海道の家にはふつうにある物:
煙突、灯油の大型タンク、玄関前の風よけ
寒い冬に備えた北国の家の特徴なんですね flair

おぼっちゃま、ぐっすり sleepy
どうも一人で後ろに居られない・・・
寝込むとかな〜り重いんだなあ sweat01
Kakoyviiryv4z7sqmk6f
国道Rt.278を進んで今日の宿泊地、鹿部温泉に到着
鹿部温泉は間欠泉が売り物なのですが、有料だし、わんこNGなので寄りません
Img_8590
港を眺め、カモメと遊んで、早めに宿に入りました
Img_8595 Img_8586 Img_8591
Img_8585 Img_8596
Img_8597
みるたんとれあるっちには、初めての和風旅館です
あれ sign02  お客はうちだけだわ coldsweats01
Img_8611
Img_1999 久々の室内・・・ れあたん、畳なんですけどぉ sweat01
Img_1998
みるたんとれあるっちの夕食は、支笏湖で煮てきた白老牛の薄切りを2人で350g、
ぺろり完食 scissors

クーラーがないので、かな~り暑いです sweat01
扇風機を2台つけてもらって、風で凌ぎます typhoon typhoon

夕食は部屋食
ゆっくり、みんなでいただきました
Img_2000
Img_2012 Img_2003 「ババガレイ」はカレイの王様だそうで、煮付けは絶品 scissors
Img_2005
Img_2013
稚内の天然物のホタテは、歯ごたえがすごい、貝柱もヒモもコリコリscissors
Img_2004
刺身の盛り合わせ、新鮮なイカが透き通ってます scissors
Img_2002
Img_2006
Kakovacyc19mdybh22yi
Img_2007
Kakoivuxeuqdhqolxppk
たらことしめじのホイル焼き、たらこは鹿部の特産ですって eye
Img_2008 なまこの酢の物
Img_2009
アサリの蒸し物もいいお味
Img_2010
Img_2011 Kakorqc35w1xftxlhwzo 海の幸満載でおいしかったぁ happy01
う~ん、満腹 sign03

久しぶりのお部屋、久しぶりのおふとんで、みるたんもれあるっちも超リラックスしてます
Kakowzob9mozwcbp0i71

Img_8620 Img_8621 Img_2019 Img_2020
ゆっくり眠って、明日の英気を養いましょう
Img_8625
(その19に つづく)

« 2012北の大地の旅 その17 小樽 | トップページ | 2012 北の大地の旅 その19 大沼&SL »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561798/55597519

この記事へのトラックバック一覧です: 2012 北の大地の旅 その18  ありがとう 美笛:

« 2012北の大地の旅 その17 小樽 | トップページ | 2012 北の大地の旅 その19 大沼&SL »