« 嬬恋キャベツマラソン | トップページ | 煙突掃除 & 蕎麦打ち »

2012年7月 2日 (月)

まりんの日

今日7月2日は「まりんheart01の日」です。
Img_0216

北海道、浜中の動物王国でまりんが産まれた日です。
母はすぐり、父はヒース、6頭兄弟はキラキラ輝く浜中湾の海を見下ろす丘の上ですくすくと育ちました。
満3ヶ月になる頃、9月末にゆかいの家に泊まらせて頂いた私と息子、兄弟のなかで偶然にも残っていたまりんに出会いました。
まりんは、私達の帰路、一緒に東京にやってきたのです。
あれは、「赤い糸」だったんですね・・・
大きなハスキーと暮らすなんて想像もしていませんでしたが、それから我が家にハスキーと暮らす楽しい世界が広がりました。
古い写真を繰ると、あの日の私もまだ若く、息子は小学校5年生でした。Img_0210

息子の反抗期をはじめいろいろと悩みを抱えた時期を、まりんは共に過ごしてくれました。どれだけなぐさめられ、励まされたことか・・・
大きなまりんがそっと寄り添ってくれるだけで言いしれぬ安堵感が広がったものです。かけがえのない支えでした。
あらためて、「ありがとう、まりんheart01」です。
Img_0002_1

まだはじめていなかったので、まりんの幼い頃のブログ記事はありませんが、心の中に、た〜くさん想い出が詰まっています。
Imgp1786

Img_0218

Img_0176

Img_0330

Photo

07summer

Img_0230

まりんとは、いろいろな所でキャンプをしました。なつかしい想い出です。
Img_0104

Img_0108

Img_0312

Img_0111

気付けばみるきぃとれあるはキャンプ体験がない・・・ペットと泊まれる施設も増えて、ずぼらな遊び方に偏っていたみたいです。

なので、今年、キャンプを再開しますsign03 
まずは、北海道へ半月、でも、初めての北海道キャンプなので入り口だけですが。
湖の畔や林の中で、思い切り地面に近いところで寝起きします。
なつかしい・・・土の上での暮らしは何か忘れてきた大切なものを思い出させてくれ、心を解放してくれます。
この先、まりんとの想い出に繋げて、たくさん、みる&れあとキャンプをしたいと思っています dash note

この、にこにこのお顔は、12才の誕生日のまりんです。
Img_0464

おめでとうheart02 まりんheart04

ありがとうshine まりんdiamondshine

« 嬬恋キャベツマラソン | トップページ | 煙突掃除 & 蕎麦打ち »

HUS Life」カテゴリの記事

コメント

いい話じゃないですか、「赤い糸」heart01
まりんちゃんがきたころ、あのゴン君が小学生!歴史を感じるねぇ~
初めてみるきぃ家と出会った日はほんと偶然でしたね。
これも「赤い糸」かなhappy01
これからもよろしく♪なのです。

どーもです~。
わぁぁ~!まりんちゃん、とっても素敵な女の子ですねぇ!!
傍らにそっと寄り添ってくれてるだけで心を浄化してくれる
ような、そんな優しげな存在感を感じます。
お会いしてみたかったな・・

アレパパさま〜

まりん、ほんとうに素敵な子でした。
惜しまれるのは、まだハス友の輪に出会えていなくて、まりんはお友達がそれほど多くなかったことです。
まりんとの偶然の出会いも「赤い糸」、そのまりんが天国でパパとママに挨拶して急いでみるきぃになって帰って来たのも・・・そして、れあるとの出会いも「赤い糸」ですね。
偶然に志賀高原でアレパパさんに出会えて、みるきぃとれあるは、大勢のお友達と一緒で幸せです。私たちもハス友の輪に入れて頂いて、とっても幸せなハスライフです。
これからも、ず〜っとsign01 よろしくnoteなのでっすsign03

リティんちのジィやさまheart

亡くした子は、時を経てますます愛おしいです。
まりんは、アラスカに居た巨漢「テツ」のひ孫で、一時は40kを超えてましたcoldsweats01 ダイエットして35kgだったなあ・・・

はじめてのハスキーは、私を守ってくれる存在でした。いつも、「私が」より、「まりんが」私に尽くしてくれる方が多かったですねぇ。頼りにしていたのは私のほうでした。こんなにも深く心が通じるものなんだと、感動でした。

またご一緒するのが楽しみです。ジィやさまのやさしい笑顔、ハスッ子に注がれる眼差しが好きですよ〜

なんだか 自分と重なってしまいました。
なつかしい まりんちゃんとの日々 素敵なお話です。
うちにも 「ゆき」という シルバーで ブルーアイの子がいました。
息子たちと 共に成長。反抗期の息子達も 「ゆき」とはこころが通い合いました。私も 「ゆき」にどれほど慰められたことか…。キャンプもいつも一緒に行きました。当時は 犬を連れて旅するには車中泊かキャンプでした。「ゆき」の初めてのお出かけも キャンプでした。
まりんちゃんのお写真みて  ゆきと とてもよく似ているので 
驚きました…と同時に 嬉しくもありました。
これからも どうぞ宜しく ♪

めいママさま

ゆきちゃん、息子さん達と一緒に育ったんですね。そしてキャンプを・・・
かけがいのない存在でしょ。
ゆきちゃんはシルバーでブルーアイ、まりんも左はブルーでした。
よく似ている?・・・嬉しい!!!

た〜っぷり反抗期をやって、ゆ〜っくり成長!?した息子もようやく独り立ちし、これからは、夫婦とわんずの世界です。
若さは昔には敵いませんが、共にする時間を味わいながら、想い出を重ねて行きたいです。
そのページをめいまい家とも重ねたい! どうぞよろしく〜〜〜 ♪♪♪ 

久しぶりにまりんちゃんのお顔に会えました
すごくうれしくって思わずコメントかいちゃいました

本当にに優しい子でしたよね
赤ちゃんターボと優しく遊んでくれて、まりんちゃんは何も言わずにそっと寄り添うそんな子でしたよね~


みるちゃんもれある君も優しい子なのは、まりんちゃんがお空で教えているんでしょうね

杏にも教えてねって言わなくっちゃ


わ〜い、ターボ&杏母ちゃん!!!
みるたんが9月には6歳を迎えるので、まりんが逝って6年になるということ・・・

お友達はたくさん増えたけど、まりんを知っている人は少なくて・・・
うれしい〜! まりんと一緒に過ごしてくれたターボ&杏母ちゃんがブログを見て下さって!!!
そうでしたね〜、まだ赤ちゃんだったターボとよく遊びましたよね。なつかしいなあ!

あのね、最近またターボ&杏母ちゃんのブログを読みまくっていますよ〜
だって、北海道に行くんだもの! ターボ家の足跡を何度も辿りながら予習して、わくわくしてます。
 

まりんちゃんかわゆいお顔〜♪
そして大きそうだなーと思って見ていたら最高40キロですか!
やはり近頃のハスとは大分違うのですねぇ

ででで!半月も北海道行かれるのですかぁ〜!?
羨ましぃ〜っ
みるたん&れあくんも喜ぶでしょうねぇ
まりんちゃんとの思い出の地も行かれるのでしょうか?
またきっと素敵な思い出が出来ますね^^

サマンさま〜

今年は、みる&れあの北海道初上陸ですsign03

私たちには超久しぶり、ふたりdogdogは初心者マークbudのキャンプです。

まりんと比べちゃいけないけれど、身体も小さいし、どーもだいぶ柔なふたり、初めてのロングキャンプを楽しんでくれますようにheart02
まりんsign03 お空の上から、ふたりを指導してよheart04 それでなくても今年は「ワイルドだぜ〜」が流行ってるんだから、ねえsign03

まりんちゃんとキャンプかぁ。ええ思い出やなぁ。
うちも琴薙時代は河原でキャンプの方が多かったなぁ。
石が痛くてごっついエアーマット買って。テントも大きいのが欲しくて・・・でも虫がどうしても嫌で嫌で宿派になったわ。
まりんちゃんはバイアイなんや~。超べっぴんさんやなっ。優しい雰囲気が凄く薙にそっくりでびっくらこいたー。
お互い幸せをくれた先代ハスっ子の思い出を大切にというより思い出にすがりつきながら、現ハスっ子の思い出作りをせっせとしよなー。
それにしてもあの優しくて温和なゴンちゃんにも反抗期があったなんて大阪の母はびっくらこいたで。でも今はあんなに親とみるれあちゃんと親の友達とそのハスっ子達も大切にしてくれるええ子に育って・・・大阪の母は嬉しいで―。


大阪のかあちゃん!

けっこう険しい道のりだったのよ〜
名前の付け方を間違えたよ。もっと「素直」とか「静」とかいう名前にしておけば良かったと、悔やんでも後の祭り・・・
それでもさすがに30を前にしてようやく落ち着いてきたか!? 早く嫁さん貰って子育てしろ〜 親のありがたみが解るから!?!

まりん、薙ちゃんと似てるの? うれしいわ〜〜〜、うるうる・・・
あの世に行ったら、待っているまりんと一緒に天国の花園をた〜くさん走って回るんだっ!
みるもれあも可愛いけれど、まりんを越えることは出来なそう・・・それほど、まりんは私の中で偉大だもの。
ね!!!
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561798/55101990

この記事へのトラックバック一覧です: まりんの日:

« 嬬恋キャベツマラソン | トップページ | 煙突掃除 & 蕎麦打ち »