« 高山、そして能登半島へ  その1  飛騨高山 | トップページ | 高山、そして能登半島へ  その3 能登半島 »

2011年8月30日 (火)

高山、そして能登半島へ  その2 温泉

さて、飛騨高山を後に、今度は富山県へ向います car dash

岐阜県から富山県へ、あたりは米riceballどころ
たわわに実ってます。
Img_3596

Img_3597

Img_3595

Img_3617

Img_3599_2

Img_3620

やって来ました、温泉〜 spa
富山県西部の砺波市(となみし)、

ここはチューリップの球根の生産で有名らしい。
秘湯、荘川温泉郷の湯谷温泉へ。

みる&れあは、車で待っててね〜
こんなバス停・・・

P5030035

バス停脇の急坂を降りて行きます

P5030036

こんな看板が・・・

Img_3616

ここかあ・・・

Img_3600

Img_3614

鄙びた佇まい、時が止まったような静けさ
Kakozq76phmib814cgel

なんと、無人・・・
Img_3604

にっこにこ! お見せしたいくらいでっす
Kakoft6imldrrn0zsvdi

Img_3605

Img_3612

いざ〜、温泉に〜 

ここは古くからの湯治場だったらしい、

炊事場と部屋が並ぶなが〜い廊下を抜けて、お風呂へ。

Lrg_20527009  

階段をず〜〜〜っと降りていきます。

P5030045

なんか、工事現場みたい eye

P5030047

とちゅう、ビニールシートの隙間から見える景色

Img_3609

Img_3606

かつては日本一と言われた「小牧ダム」が聳えてる!

そっか・・・ これじゃあ、放水したら水没するわけだわ happy02

P5030115

いちおう、男女別

P5030062

女湯は独り占め scissors

洗い場はなくて、ただ浸かるだけ・・・ 

とはいえ、奥は立っていないと溺れるくらい深いのよ

P5030049

Img_3607

えええ? どこから浴槽? 

階段の途中からぜ〜んぶお湯の中 sweat01

Img_3608

ごぼごぼ、がんがん、こんこんと湧き出る源泉 spa

もちろん掛け流し〜

お湯は透明で肌がつるつるします、程よいぬる湯。

P5030103

P5030064

分厚いコンクリートで、まるで、ほとんど・・・「要塞」 sign02

灯り取りに、コンクリートが刳り貫かれた高窓があるだけ。

100_6925_512

すご過ぎ〜〜〜

なんともインパクトのある湯治場でっす eye

 

秘湯中の秘湯、湯谷温泉でした happy01

さて、次は、いよいよ能登半島へ 〜 car dash

Img_3619

« 高山、そして能登半島へ  その1  飛騨高山 | トップページ | 高山、そして能登半島へ  その3 能登半島 »

」カテゴリの記事

コメント

ウオオー!
秘湯、湯谷温泉凄過ぎー(笑)
でも、こんなサプライズって結構好き!いい思い出に残るよね?
あれれー
まだ、お食事の写真ないの~
そろそろ、お腹空いてきたよ~

あれー高山の朝市にまにあうのー すごーい
宮川朝市 なつかしー いいなー高山
朝市に行けるなんて 楽しい計画ですねー
しかもすてきな温泉まで 盛りだくさんですね まだまだこれでお昼ぐらいかな 一日って長いんですねー
ままさん早起きして 三文得しましたね
我が家はそんな早起きできるかなー でも高山いいよねー

あみママへ

混浴ではありませんが、ちょっとマニアックな温泉でした。
ダムの放水があると浴槽が水没するようですが、放水量にもよります。

友人が勧めてくれたも岩間温泉もあったのですが、
次回の楽しみにしています。

わかまま

ちょっと早起きすると高山までひとっ走りです。
わかぱぱだったら、もっと早く着くかもね。

陣屋前の朝市や宮川沿いの朝市は涼しい時間からお店を広げているから、dogdogにもやさしいですね。
この時間だったら普通のお店は開いていないもん。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561798/52603867

この記事へのトラックバック一覧です: 高山、そして能登半島へ  その2 温泉:

« 高山、そして能登半島へ  その1  飛騨高山 | トップページ | 高山、そして能登半島へ  その3 能登半島 »